好きな人が既婚者の場合、告白するのはNG?

落ち込む 既婚者との恋愛
スポンサーリンク

好きな人が既婚者の場合、告白するのはNG?

好きで好きで仕方なくて、今までずっとこんな人を待ち望んでいた…!
という彼は既婚者…。

落ち込む

頭では彼は既婚者とわかっていても、日に日に気持ちは募り仕事も手につかず、自分の好きなことをしていても時折、いや四六時中彼が頭をよぎって全然集中できない、つらい…!
ダメとはわかっていても告白を考えている…そんな禁断の恋する乙女のみなさん…。
大好きなあの人に告白したらどうなるか、少しここで考えてみませんか…?

自分の気持ちから告白するか判断する

単刀直入ですが、あなたは彼とはどんな関係を望んでいますか?

恋にもいろんな形があると思います。
例えば黙って見ている片思いだけで満足だとか、公式には付き合えなくても意中の相手と一緒に過ごす時間を増やしたい、それだけでは足りないから付き合って自分だけのものにしたい、もう一生添い遂げたい…など。
あなたの心は、なんて言っている?

もう告白したくてしょうがない場合

募り募ったこの思いを相手にぶつけてしまいたい…!
付き合いたい、そして先に進みたい…!
というあなた、告白した後のシミュレーションはできてますか?

着ていく服

うまくいった場合も、そうでない場合も、彼とどんな風に時間を過ごしたいのか、どんな自分になりたいのかはもう想像できますか?
告白はするだけでも自分に大きな負担がかかります。いろんなパターンを想定して、変化についていける自分のメンテナンス方法をいくつか準備しておきましょう。

既婚者への告白を躊躇してる場合

やっぱり既婚者だし…告白してから何を望んでいるのかはっきりとはわからない、またはその先に進んではいけないのでは…という至極真っ当な考えのあなた。
躊躇するならやめちゃいましょう!

本当はあなただって、既婚者以外の人を好きになりたかったはずではないですか…?
躊躇しちゃうにはきっと何か意味があるのです。
もっと幸せな道が、あなたには似合っているよー!と運命が教えてくれているのです。

想うことが幸せになってしまっているのなら、その気持ちを無理に抑えようとしすぎずに、普段とは違う場所に出かけたり、新しい世界に触れたりして自分の感性や新鮮な出会いの枠を増やしていきましょう。
すぐの結果は期待しなくても、今種まきしたことはきっと後々重要なことに繋がりますよ。

恋愛にならなくても、ただ「好き」と言いたい場合

ふられてもいい、だけどこの気持ち自分の中だけでは消化できずに辛い…そしてそんな中、意中のあの人は私の気持ちの強さを知ってか知らずかもう辛くて告白してしまいたい…というあなた。

悩む

恋愛に進んでもいいという覚悟はできてますか?または気持ちを伝えることで自分の思いを整理したい…?
好きと伝えたら必ずどうしたいのかを相手に伝えるようにしましょう。

好きな相手との距離や関係から判断する

相手との関係によって告白するかどうかを悩んでいるあなた。
例えばその彼があなたの仕事や日常に関係するごく身近な存在だった場合。

仕事

いい方向に進むと周りにばれやすくなり、失敗した場合でも毎日気まずくなるかもしれません。

しかし大抵の男性はパートナーがいようがいまいが、異性から告白されたら嫌悪感を抱いている相手でない限り舞い上がるでしょう。

そんな男性の中には欲が出て無責任に無意識に近づいてくるパターンがあることも容易に想像できます。社内恋愛やご近所恋愛は大抵の場合周りにバレます。

逆に、普段接点があまりない故に自分の思いに気付いてほしくて告白したい…!というあなた。

告白してもお付き合いするのは難しそう、もしくは相手も乗り気になった場合、その後の展開が想像できにくいかと思います。まずは相手のことをもっと知るチャンスを作ってみてから考えた方がいいのかもしれません。

もしも彼があなたが想像しているほど素晴らしい男性ではなかった場合、あなたのとるリスクの方がその価値を上回ることもあり得ます。


>LINEの占いは10分無料はこちら

自然な関係の場合

もうお互い自然になんとなくそうなってしまっている…。
その場合はあえて告白しない方が賢明なのかもしれません。
何かあって二人の関係が怪しまれたときに、決定的なものがない方がリスクは低いと思います。

振り回されないコツ

相手もあなたにまんざらでもない態度を示してきている場合でも、恋愛は一時期の関係と思って彼に遊ばれているのではなく、自分も彼と遊んでいると思いましょう。
相手が既婚者である時点で本気ならば離婚なんてすぐにでもできるものです。

既婚者側が好意を示してくれてる場合

人生は一度きり。恋愛において男女がお互いに同じタイミングでお互いに惹かれあうのは奇跡です。
だからこそこの機会をめいっぱい楽しみたい、できる限り一緒にいたい…だから告白したい。

そう思うあなたはその先のことをどのくらい考えていますか?
ゆくゆくは離婚してもらって、自分と幸せに暮らしてもらう?
それとも目の前に自分好みの自分を好いてくれている彼がいるからとりあえず躊躇する理由もなく、告白したい…?

考える女性

人は簡単に手に入らないものほどほしくなる傾向にあります。恋愛の持続期間は一般的には4年以下です。

夫婦が長く愛情を保っていられるのは、一緒に生活したり協力して何かを乗り越えていくためです。

愛人になったあなたに何の責任もない彼でも、家庭では違います。奥さんやお子さん、自分と奥さんの家族みんなの責任を負って生きているのです。

そんな彼の気持ちがどんなにあなたに傾いていたとしても、彼は本当に肉親や子供を含む家族たちの信頼に背いてまで、何かを真摯にあなたと乗り越えようとするでしょうか…?

仮に彼と何かしら連帯感が生じたとしても、それは常に彼にとってはサイドジョブになっているという事実を、あなたは何も心に引っかかることなく受け入れられますか?

既婚者の男性が妻以外のパートナーに求めるのは自分にとってプラスになる何かです。
孤独を埋めることだったり、刺激を満たすためだったり…。あなたが彼を好きである以上、二人の関係はあなたが彼に合わせることが必然的に多くなるでしょう。

気が付いたら自分だけが彼のためにペースを乱され疲労困憊、一方の彼はあなたの存在を周囲に隠しながらも自分だけがリフレッシュできている、という状態が高確率で予想できます。

そうなったらきっとある程度は彼に依存しているでしょうから、あなただけが我慢して待つ女にならなければいけません。しかもその辛さを誰にも相談できない状況になります。
それでも彼と一緒に過ごす時間を増やしたい!と思うなら、将来的に気持ちが落ちる覚悟をしましょう。

告白した先こそ注意!

大半の男性はやましいことがあってもなくても、常に複数の、それも自分にとって新鮮な異性に興味惹かれるもの。

今回あなたの告白を受けて付き合うことになった場合も将来的には油断は禁物です。

不倫は悪いことだとわかりながら、その迷いを相手の男性が態度に出しているように見えても、結局は状況に流されて付き合ってしまっていればそれ以上何も怖いものはありません。

恋に落ちる

妻を裏切るよりも愛人を裏切ることの方が敷居が低いと思います。

いくら妻との関係は冷めきっていると言っても、どんなにあなたに夢中だと言っても、一過性の関係だと割り切るようにしてください。将来を考え始めると、あなたのリスクが上がることになります。

「気持ち」だけなら不倫にならない

どんな気持ちを持つかは本人の意思でコントロールできるものではありません。

せっかく自分に芽生えた思いを大切にしたいと思うなら、度を越えた行動を起こさなければ、その思いは美しい想い出として人生に残ります。

恋なや元彼復縁

人間の気持ちの先には行動がありますから、不倫には断じて進まない覚悟でその気持ちを大切にしていきたければ、彼に対してとっていい行動とそうでない行動を整理して、箇条書きにして自分へのルールとして保っているといいと思います。

周囲にサポートしてくれそうな相手が見つかりそうな場合は、自分がついそのルールに背きそうになった時に止めてもらえるようにお願いしてみるのもいいかもしれません。

体の関係があると不倫や、奥さんから慰謝料の危険

当然ながら決定的事実があると、慰謝料を請求されることになります。
別の家庭を営む彼を手に入れることが、果たしてその後も幸せに繋がるのか?よく考えてみてください。

既婚者に惹かれる

まず同じ女性の立場から、奥さんのことを考えてみます。
パートナーとうまくいかなくて別れた男性の多くは女性の気持ちがわからなかったということがよくあると思います。

既婚の彼は別れてはいませんが、奥さんとうまくいっていても他の女性も歓迎という男性かもしれないですし、何かしら夫婦関係への不満が後押しとなって浮気に進む人もいるかと思います。

でも既婚やバツイチの男性にパートナーとうまくいかない、またはうまくいかなかった理由を聞いてみると、ほとんどは一般的な女心を分かっていればそうはならないだろうという、彼らの女心に対しての無理解が多いんです。

しかもその女心の無理解が露呈するのは後戻りできないほど親密になってから。

中には女心を熟知していてもパートナーとうまくいかない男性もいますが、それは彼らのモテたさが原因ということがしばしばあります。

関係がうまくいっていない原因は片方だけに非があるわけではなく、もちろん双方に噛み合わない部分があるわけですが、男女のすれ違いは根本的には相手が変わっても劇的に変わることはあまりないでしょう。

彼の奥さんに虐待や金銭管理など深刻な問題があった場合は彼や子供にとって何が幸せなのか難しいと思います。ですが法律で夫婦と定められている以上、家族での段階を追った解決が先ですから、それがすべて終わり離婚が成立してからがあなたの出られる幕です。

子供にとって親は代えのきかない唯一無二の父親、母親です。

知人の中に略奪結婚をした夫婦がいますが、元々別の家庭を築いていた男性のお子さんが不倫当時10代前半で、その後20代になってから自ら命を絶ってしまいました。

父親のことだけが原因だったかはわかりませんが、息子さんだったので男性へと成長する頃に父親が不在がちで、挙句愛人と結婚してしまったことによる寂しさと、家庭や家計の変化に疲れて気力がなくなってしまっていたことは周知の事実でした。

このできごとは彼や家族、周囲の人にとっても今後変わることはありません。彼と結婚した彼女も、一生付きまとう罪悪感に悩まされています。

既婚者に告白するかの判断は、自分が後悔しない選択肢を選ぶこと

何事もやってみないと結果はわからないと思います。

私たち女性はときに感情が日常生活を揺るがし、人生を大きく左右する生き物です。

既婚者男性と付き合うメリットって?

既に長い間彼への思いで悩んできたのなら、彼に告白したいと思い詰めているのも当然です。

大事なのは告白した後の結果を受けて、自分がどうしたいのかを先に考えて、決めておくことです。

迷わず素敵と言える彼でも、奥さんとの関係がどうあれ大人の男としてしっかりけじめをつける男ならどんなに素敵な女性に言い寄られても感情に流された無責任な行動はしない、ということを頭に入れておくべきです。

今は自分ではどうしようもないくらい好きで仕方ないこの気持ちも、数年したら薄れてしまいます。

例えば欲しくて仕方なかったものを手に入れてからさほど経たないうちにすぐ飽きてしまったり、すごく魅力を感じていた人と友達になって親しくなってゆくとその人の粗が見えたり、自分との関係の中で相性に違和感を感じたり…。その辺りはどうでしょうか?

まとめ

恋という一瞬の限られた時期にのみ起こる特別な感情を大切にしたいのであれば、そのリスクを覚悟して進むべきです。その後何が起こっても、一度行動に移した事実は一生ついて回ります。

本当に一生、特に気持ちが途切れた場合、その後も続く人生のことを考えたとき、それでも後悔しないのかをじっくり考えてみるべきです。

一時期の感情に惑わされず、一生を全体的に大切にしようと思うのであれば、この恋はその後の幸せのために用意された試練と思って耐え忍びましょう。辛い恋を乗り越えた

あなたは、きっと前よりも魅力的な女性になっているはずです。

自信

コメント

タイトルとURLをコピーしました