同棲の報告で親へ挨拶。どんな内容を話したらいいのか分からない!

結婚のあいさつ 彼氏との悩み

親たちが結婚した頃、同棲は女性に不利、不幸になりそうというネガティブなイメージがまだ少なからず残っていたはず。

それだけに「結婚前に一緒に住むなんて!」と思っている親世代は意外と多いかもしれません。
同棲の報告で親へ挨拶をするときは、そういう心理も想定しながら、自分たちを信頼してもらうためには、何を伝えるべきかを考えてみましょう。

同棲前の挨拶って必要?

告白

一緒に住もうと考える二人が、結婚を前提にした付き合いなら、もちろん挨拶は必要です。当然と言って良いでしょう。
親たちは、二人がお互いを真剣に想い、きちんとした人生設計を持っていることを確認して安心したいはずです。

挨拶に行くということは、そういう気持ちを汲んでいる姿といえるでしょう。

お互いの親たちに「いい相手を見つけたなあ」と感じてもらうことが、祝福してもらえる結婚への第一歩。そのための機会が挨拶と考えてください。

 

挨拶前の準備

親

同棲前の挨拶をうまく成功させるためには、前もって準備をしておくことがあります。

これを段取り良くやれば、親たちとの距離がグンと縮まること間違いなしですよ。

 

交際相手がいることを伝えておく

交際相手がいることをいつのタイミングで親に知らせるか?

それは、二人の間で結婚の気持ちが固まったなら、なるべく早くが良いでしょう。

それとなくサラっと匂わす程度の話し方から始めるのがおすすめです。

親子の関係性にもよりますが、挨拶に行くまでの間、親の方でも多少なりとも心の準備が必要なはず。

交際相手のことを小出しにしながら、親の反応を見るのも大切です。

もしかすると子供に望む結婚観が見え隠れするかもしれません。

それは、挨拶を成功させるための有効な材料になるはずです

 

女性側の親から挨拶に行く

女性側の親に「ウチの娘を大切にしてくれている」という印象を持ってもらうことは、挨拶を成功させるうえで大切なポイントです。そのためには、女性側の親を立て、先に挨拶に行くのが良いでしょう。

結婚に対する価値観は時代とともに変化していますが、親たちの世代は、男性が女性をリードし守って当然という考え方が今よりも強いと思ってください。

親は娘の相手に対して、自分たちと近い価値観を持っていると認めれば、自然と心が開き親しみを持ってくれる可能性が高くなるでしょう。娘を任せて大丈夫!という判断につながります。

 

遠方の場合は余裕をもって日程調整

親が遠方に住んでいる場合は、可能な限り余裕ある予定を立てましょう。もしもいろいろな条件が許すなら、日帰りではない方が好印象かもしれません。

理想的なのは親たちの予定やペースに合わせた形で訪問することです。

お互い忙しい身であったとしても、自分たちよりも親の都合に合わせた方が、誠意が直に伝わります。

その反対に、日帰りであわただしく行き来すると、形だけの挨拶と受け取られるかもしれません。

とにかく最初が肝心です。

 

同棲前の挨拶の内容は?

結婚のあいさつ

最も大事なことは、話の内容が堅実で具体的であることです。

好きだから一緒に住みたいという感情的な話だけで終わるようでは、親からの理解も許しも得られません。

自分たちの人生をしっかり生き抜いていくために、今このタイミングで同棲することを選んだという、決意表明を話すことがご挨拶という考え方もできます。

真剣さが伝わらなければ挨拶に行った意味がないでしょう。

 

いつからどこで住むのか

二人の同棲について、まず親たちが関心を示すのが、いつからどこに住むのか?です。この点は、話が本題に入ったなら早い時点で伝えた方が良いでしょう。

親から質問されてから答えるのでは、本気度が低いと思われてしまう場合もあるかもしれません。

生活設計の中で基盤となる部分がしっかり固まっていると、

実生活をきちんと営むための同棲であることを印象づけることができます。

 

彼の職業を紹介

子供の同棲相手はどんな仕事についているのか?経済力はあるのかないのか?この点は賛成反対の判断材料としてとても重要です。

とくに女性側の親は、富裕層でなくては許さないとまではいわなくても、お金に不自由しない同棲生活になることを望んでいるはずです。

ですから、男性側の職業は初めからきちんと伝えるべきですし、どんな働きぶりなのか?年収はどのくらいなのか?までも話しておくと誠意が伝わりやすいでしょう。
それほど高額な収入を得ていなくても、それを恥ずかしいと思うような話しぶりではいけません。

その職業には自分がそれをやりたいからこそ就いている。

と胸を張って言えるくらいの方が、誰もが頼もしさを感じるはずです。

 

同棲する理由

親たちに同棲することを理解してもらうためには、納得できる理由が必要です。当然、結婚を前提とした付き合いであることはもちろんですが、それだけでは、理由としてはちょっと心もとないのです。
どうして、入籍や挙式前に一緒に住むのか?目的を具体的に話すことです。納得してもらえる内容は、経済面でのメリットや、結婚に対する価値観の共有などでしょう。同棲で学べることもたくさんあるはずですから、それを結婚生活に生かしていきたいという前向きな話も良さそうです。

>LINEの占いは10分無料はこちら

 

 同棲する理由を明確に

恋なや

同棲は結婚してから失敗したと思わないようにするために役立つ暮らし方といえるでしょう。それは具体的にはどういうことなのか?親たちへの挨拶では、そこも十分に伝えることが必要です。

 

結婚前提であることを伝える

親に挨拶をするということは、結婚が前提である同棲でほぼ間違いないはずと、誰もが思います。

あまりにも当然なので暗黙の了解と思いがちですが、挨拶でこの点をスルーするのは危険です。

とくに女性側の親は結婚という言葉を聞かない限りは、納得しないかもしれません。

結婚する意思が固いことは、ハッキリと伝えましょう。

 

同棲をすると節約になることを伝える

結婚前の恋人たちはデートにお金を使うもの。

例えば二人で映画にでも行き夕飯を食べたとしたなら、すぐに1〜2万円遣ってしまいそうです。それを毎週続けたら?

また二人でゆっくり過ごしたいために、近場であっても旅行に出かけたなら、軽く数万円以上はかかってしまうでしょう。

それらのお金を二人の生活費に充てたとしたら、かなり賄えそうです。

お互いの気持ちを確かめる時期は過ぎた二人なのですから、外でのデートにお金を使うよりも生活のために使いたいと思うのは当然かもしれません。

この際ですから、今の二人のデート費用と同棲した時の生活費をシミュレーションしながらの話をすると「なるほど」と思ってもらえるかもしれません。

 

結婚のための貯金をしたいことを伝える

自分たちが思い通りの挙式や披露宴をするためには、資金も自分たちで用意したいものです。

お互いの家の事情というのもあるでしょうが、一生に一度の結婚にしたいからこそ、スタートから自力で進みたいという意思を示しましょう。

そのためには、貯金をする期間が必要であり、それがすなわち同棲期間であることを強調するのです。
住み始めたら、成り行きでそのまま内縁関係の人生になるのでは?と不安に思いがちの親には安心してもらえます。

 

 挨拶で気をつけること

喧嘩

親への挨拶は難しいことには違いありません。

入社試験の面接の方がまだマシと思う人もいるのではないでしょうか?
社会ではスキルがものを言う場合もありますが、人間関係をうまく成り立たせるには、気配りがすべてと言っても良いくらいです。どんな点に心を配るのが良いのか?考えてみましょう。

 

日程は早めに調整

いつ挨拶に行きたいか?その日程は早めに伝えます。

ただいくら早目であっても、一方的にこの日に行きます。ではいけません。

理想的なのは、1ヶ月ほど先の日程で、2〜3候補日を伝え、その中から親達の都合のよい日を選んでもらうやり方でしょう。

さらに、日程が合わないことも考え、こちらからの希望日が難しい場合は、逆に都合の良い日をいくつか教えてもらえるようにお願いします。
日程調整はなかなか難しいもの。もしも、親側からこの日限定と言われた場合は、あえてという可能性もありますから、万障繰り合わせて伺うべきでしょう。

 

手土産を持参する

たとえこれまでにも面識があったとしても、挨拶に行く際は手土産持参が望ましいでしょう。

仲良くなりたい気持ちを表現するマナーを、ちゃんとわきまえていることを分かってもらうためです。
手土産は、親の好きなものをよく知っているのであれば、その中から自分たちの経済力にふさわしいものを。安すぎたり高すぎたりは失礼です。
一般的には三千円から五千円程度のものが良く、親の好みがわからない場合は、日持ちがする菓子類が無難です。

 

敬語や丁寧語を使う

挨拶の場面に親戚までも同席するというケースはそれほど多くないでしょうが、可能性がまったくないとはいえません。

もちろん公の場とは違いますが、親以外の人がいても落ち着いていられるように、セミフォーマルの場に行くくらいの心構えが良さそうです。

目上の人たちと話しますから敬語や丁寧語を使います。親達との距離は帰る頃には少し近づいているはずですが、親しき中にも礼儀ありを忘れずにいた方が良いでしょう。

 

ラフすぎない服装

挨拶での服装も重要です。清潔感と品の良さが好印象を持ってもらうためのポイントです。

明るいファッションはマルですが、派手はバツ。
ある程度地味目に見えるのはマルですが、貧相に見えるのはバツ。
考えると混乱しそうですが、男性はジャケット必須、女性はワンピースくらいのセミフォーマルが無難です。
男性ならちょっと高そうに見える靴を、女性なら長く使えそうなシンプルデザインバックを、

よく手入れして丁寧に使っている。というように見られたなら、追加の点数が上がりそうです。

 

彼氏・彼女の呼び方に気をつける

親たちの前で、お互いを呼び合う時は注意が必要です。

二人だけでいる時のような呼び方は口調では、印象が悪くなる可能性があります。

なぜなら親たちがちょっとした疎外感を持ってしまう可能性があるからです。

男性側の親が、彼女に息子を取られてしまったと思うことがあったならそれは大きなマイナスです。

そうならないためには相性や呼び捨てではなく、男性も女性も「さん」付けで呼びましょう。

その響きには優しさがあり良い関係を演出するにはぴったりの敬称です。

 

 両親に賛成してもらって同棲しよう

別れた後のデートはどこに行くのが最適?

同棲に対するイメージは変わってきました。

世代を超えてメリット、デメリットを客観的に受け取れる時代になったといえるでしょう。

親たちに賛成さえしてもらえれば、たとえ入籍する前でも嫁であり婿であると認めてもらっているようなものです。

それだけに、大切にしてもらえたり助けてもらえる機会が増えるでしょう。

何かどうしても困った時は、こちらからもSOSを出せるかもしれません。

親たちに賛成してもらえる結婚前提の同棲は、周りからも祝福されることなのです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました