相手は既婚者だけど愛してる。本気になってはいけない恋愛をしています

泣く女性 既婚者との恋愛

既婚者との恋は決して珍しいものではありません。

既婚者とは知らずに好きになってしまった。知っていたけど恋心が抑えられなかった。

どちらの場合もよくあることでしょう。

ですが、往々にして独身者が大きく傷ついて終わってしまったというケースが多いのもの事実です。

人生の後半になり過去を振り返ったとき、みっともない恋をしてしまった…と思わないためには、どんな結末にするのかが大事です。

成り行きに任せるのではなく、自己責任で後悔しない。

そしてできるなら満足できる結末にしなくてはなりません。

あなたにはできますか?

好きな人が結婚していたら

お見合い

世間一般的には、幸せにはなれないのが既婚者との恋愛です。一番の理由は結婚できないから。

「恋=結婚」という道筋が理想的な姿と思われているのが社会的通念でもありますから、それが叶わないのであれば、幸せになれないと判断するのはごく当たり前なのです。

人はたった一人では生きていけません。

ですから、社会を敵に回すような行動は、自分にとってはとても不利なのです。

既婚者と本気の恋に落ちたなら、まずはこのことを肝に銘じるべきです。

ただそれができたとしても、その恋を続けている以上は、

思わず涙するような辛い感情を味わう場面を、おそらくいくつも経験することになるでしょう。

奥さんがいることを再認識する

既婚者男性と付き合うメリットって?

二人の世界にいるときは誰にも邪魔されずこのうえない幸福感に満たされるかもしれません。

それはあなたにとって特別な世界。

生まれてきて良かった出会えて良かったと、自分の運命に感謝するほど、喜びを味わうこともあるでしょう。

ですが、それは地に足がついた日常ではなく、砂の上に作られた特別な世界です。

なぜなら、相手には妻というあなた以外の女性が人生のパートナーとして存在していて、あなたの何倍もあなたの恋人と長い時間を過ごしているという「生活」を営んでいるからです。

そして社会的にも守られていますから、もしもあなたの存在に気付き、幸せな家庭を壊されたと本気で怒ったなら、法的手段を取ることは十分に考えられます。

その結果、あなたに非があると認められたなら、精神的にも金銭的にも大きな損失を受ける可能性が十分にあるでしょう。

そのとき果たして、彼はあなたを守ってくれるでしょうか?

とくに子供がいたなら、妻の行動如何によっては

あなたに対する行動が手のひらを返したように変化することすら考えられます。

生活を共にしている家族の影響力は、

大人の恋を軽く吹き飛ばしてしまう力を秘めているのは十分に察することができるはずです。

相手の本気度を確認する

復縁失敗まとめ

そこで大切なのが相手の本気度です。

あなたと彼の恋心のバランスがちゃんと取れているのか?

本気と思っているのがまさかあなただけということは、本当にないのか?

それをしっかりと確認しておきましょう。

 

わがままにどれぐらいつき合ってくれるのか

お互いの好き嫌いが大きく違ったとき、彼はあなたに合わせてくれるでしょうか?

例えば、食べたい食事、観たい映画など、あなたの趣味に快く合わせてくれるようであれば、あなたへの本気度は高いと思って良いでしょう。

そして、あなたをきっかけにして自分の視野や感性を膨らませたいと考えるポジティブ志向の人かもしれません。

悩ましいのは、付き合ってはくれるけど、無理していたり嫌々という様子が見えてしまう場合です。

相手は本気度が低いか、精神的に幼い面を持っているか、そのどちらかの可能性が高そうです。

あなたに対して金銭的にどれぐらい費やしてくれている?

基本的に本気であれば、デートの費用はすべて相手持ちになると判断した方が良いでしょう。

割り勘を提案するようでは遊び友達レベル。

まして、あなたにおごらせるような言動があったなら、都合の良い相手にされているかもしれません。

たとえ相手が子育て中で出費がかさむような状況にあったとしても、

そこに同情して割り勘に応じたり、おごってあげたりしてはいけません。

それは自分の価値を下げているようなもの。優しさと甘さは似ているようでも全く違うものです。


>LINEの占いは10分無料はこちら

 

イベントごとや休みの日に時間を作ってくれるか

二人が出会った記念日やお互いの誕生日、そして休日にあなたがデートをしたいと言ったとき、彼はどんな反応をするでしょうか?

よほどの事情がない限りあなたに付き合ってくれるようであれば、彼の気持ちは本気に傾いていると思って良さそうです。

また、あなたの望みに応えられないときの理由や言動でも本気度は分かります。

冷静に客観的に彼の話を聞いて、それはもっともな理由だと思える事情があり、あなた対する申し訳なさが切実に伝わってくるのであれば、大切な相手と思っています。

 

しかし、断る理由の中で、妻の気持ちを優先しているような様子がみられたら、あなたへの本気度は低いでしょう。

そして、自分には家庭があるのだから仕方ないというような言い方で、あなたに我慢を強いるような態度をとるようなら、

その恋はあなたから終わりにすることをお勧めします。

 

相手から連絡は来るのか

既婚者との恋は連絡がとりにくいと言う話もあるようですが、果たして本当にそうでしょうか?

今は連絡手段がたくさんありますから、例え妻や家族といる日であっても、何らかのコミュニケーションは取れるものです。

「今日は元気?」といったような、簡単なメッセージでもお互いに伝え合うことが、

恋を育むうえではとても大切なこと。

あなたからばかりの連絡という恋であれば、相手の本気度はかなり低いかもしれません。

独身男性ではだめなの?

結婚

どうしも既婚者の方に惹かれてしまう気持ちは、

女であれば誰もが持っているものかもしれません。

確かに人生経験を積んだ既婚者には男の魅力はあるでしょう。

ですが、将来性を感じられる独身男性も大勢いるはずです。

人はパートナーによっても大きく変わります。

妻という他の女性に育てられた男性に魅力を感じるよりも、

自分の手で男の魅力を開花させてあげたいと思う、素養のある男性を発見してみるというのも、

また楽しいのではないでしょうか?

 

出会いの場に行ってみる

ステディな相手ができると、行動範囲がある意味限られたものとなり、人脈が広がらなくなる傾向に陥ります。

それでは、人付き合いがどんどん狭くなり、退屈な人生になってしまいそう。

ボーイフレンドを探すくらいの軽い気持ちで、

婚活パーティや友人たちとのホームパーティなどに積極的に行ってみると、

意外と運命の出会いが待っているかもしれません。

忘れてはいけませんよ!あなたはある意味自由の身なのです。

一人で美術館やコンサートなどに行ってみるのも良いかもしれません。

同じような趣味を持つ、男性のお一人様と巡り会える可能性だってあるはずです。

 

独身男性とつき合ってみる

既婚者と本気の恋、それはそれとして、

人生を豊かにするには男友達を増やすことも大切です。

あなたから積極的に行動してランチを一緒にしたり、あるいはみんなで飲み会をしたりというスタイルでも構いません。

あなたには、もっとたくさんの男性を観るチャンスが必要です。

男性を観る目を養えば、その中から今よりも本気になれる独身男性が現れるかもしれません。

あるいは、それでもやっぱり既婚者だけどあの人が好き!と、

自分の本気度を改めて自覚することになるかもしれませんが。

とにかく、今の自分をもっと成長させようとするチャレンジには前向きでいるべきです。

今後の自分を想像する

泣く女性

今のあなたに必要なことは他にもあります。それは自分の将来像をイメージすること。

3年後、5年後あなたはどうなっているでしょうか?

お互いに本気であれば充分幸せ。気持ちさえ通じ合っていればそれだけで満足。

今はそう思っていたとしても、男女関係には必ず倦怠期が訪れます。

そのとき、あなたと彼はどうやってそれを乗り越えられますか?

相手に家族がいるという障害は、二人の恋が燃え上がるには十分な材料ですが、障害がいつまでも良いようにはたらくとは限りません。

自分が惨めな思いをする原因に変わってしまう可能性はいつだってあるのです。

どうしてもあきらめられない場合

キスをする男女

それでもどうしても相手を諦められないとしたなら、そして相手にも人生をやり直して欲しいと願うのであれば、

周囲からどんな目で見られようとも、あなたはすべてを捨てて略奪する覚悟を持たなくてはなりません。

あなたは一生、社会的、法律的に独身であり、誰からも何からも守られることなく自力で生きて行かなくてはならないからです。

「そこまで思わなくてはならないの?」「大げさじゃない?」と思うかもしれませんが、社会の仕組みの中で既婚者を本気の恋を貫くということはそういう一面があるのです。

無視することはできません。

早めの判断を

恋なや元彼復縁

今の恋を貫くか?新しい恋を探すか?

どちらがあなたにとって後悔のない人生につながるかは、あなたにしか分からないことです。

もしかすると、今はあなたにも分からないかもしれません。

しかし、だからといって流れに身を任せる受け身の人生では、時間を無駄に使っているだけ。

行動の積み重ねが人生という見方もできます。

自分の身に訪れたこの恋をあなたにとって立派な糧とできるように、

一日も早く、本当の意味で自分を大事にした判断をしましょう。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました