既婚者の彼が好き避けする心理とは?男性と女性とで気持ちが違うの?

既婚者との恋愛

既婚者と分かっていても、相手が好きなら気持を抑えることは難しいですよね?しかも、その彼から「避けられている気がする」「何となく態度が冷たい」と感じたら、とっても悲しくないですか?

多くの女性が「態度が冷たい=嫌われてる」と思ってしまうのですが、実は嫌れているのではなく「好き避け」されているだけかも・・・。

また、既婚者は一般の男性よりも好きな女性に好き避けをする傾向が強いので、他の異性には優しく接していて、あなたにだけ冷たい態度を取るなら「好き避け」の可能性が非常に高いです。(※相手に嫌われる心当たりがない場合)

この記事では「既婚者の男性が好き避けをする心理」を中心に「好き避けをする男性の特徴」「好き避けの見分け方」についてご紹介します。

スポンサーリンク

職場の既婚者が最近つめたいなら、好き避けかも?

何も嫌われような心当たりがないのに、既婚者の男性がつめたい態度を取るようになったら「好き避け」をされている可能性があります。

「態度がつめたい=嫌われている」とすぐに判断しないことです。その男性がもし、職場でそれなりに地位のある人なら尚更。

もし、相手もあなたと同じ気持ちなら勝手な判断で「嫌われている」と決めつけるのはもったいないのです。相手の既婚者の男性があなたに「好き避けをしているか?」をきちんと見極めるこがと大切です。

既婚者が好き避けするのは多い

職場で気になる既婚者の男性がいるけれど、「何故か最近、私にだけつめたい気がする・・・」そう感じることはありませんか?彼に嫌われていると感じて、落ち込む人もいるかもしれませんが、それはあなたのことを意識して「好き避け」しているだけかもしれません。

好きな女性に好き避けをするのは、既婚者の男性の特徴の一つであり、特に社会的な地位がある男性に多く見られます。それは、周囲に気付かれてしまい「会社での信用問題」に関わってしまう可能性があるからです。

ですから、本当は気持ちが通じ合っているのに既婚者という理由で相手に素直な気持ちで接することが出来ず、「好き避け」をしてしまうのです。

好き避けってなに?

好き避けいうのは好きな相手を意識しすぎて、気持ちとは裏腹に「相手を避けるような態度を取る」ことです。学校や職場など「一つの環境に男女が身を置く」場所で体験する人が多いです。

好き避けする男性の特徴

ここでは、「好き避けをする男性の特徴」について紹介します。

既婚者男性でも好き避けをする男性もいれば、好き避けをしない男性もいまよね?既婚者なのに「好き避けをする男性」と「好き避けをしない男性」の違いはどこににあるのでしょうか?

あなたの好きな既婚者の男性が、ここでお伝えする特徴にどれかしらに当てはまていたら、「好き避け」の可能性があるので参考にしてみてくださいね。

社会的地位がある

社会的地位のある既婚者の男性は周囲の目を気にしたり、噂を立てられたりすることで、自分の信頼を失ってしまったり、今まで築いた地位を失ってしまうことも。

ですから、気になる女性がいても素直な気持ちで接することが難しく、「好き避け」をしてしまいます。

プライドが高い

プライドが高い男性は気になる女性がいても、周囲から「あの人、〇〇さんのこと好きだよね~」と言われるのが嫌なので、つめたい態度や素っ気ない態度で接することがあります。

先ほど紹介した、「社会的地位が高い男性」もプライドが高い人が多いです。

自分に自信がない

自信が持てない持てない男性も好き避けをする傾向が多いです。既婚者とはいえ、それまで恋愛経験が少ないと、気になる女性がいてもどう接していいのか分からず、「好き避け」をしてしまうのです。

シャイな性格

既婚者でも内気で「シャイな性格」は男性はいます。
本当は好きな女性と仲良くしたい気持ちはありますが、それを持続出来ないのです。

そんな男性は好きな女性と上手く接することが出来ないために、「好き避け」をしてしまう傾向があります。

パートナーと職場恋愛

既婚者の男性には「パートナーとは職場で知り合った」というパターンも少なくありません。
もし、「奥さんが同じ職場にいる」「以前はこの職場にいた」ということであれば、職場の人間と連絡を取っている可能性があります。

奥さんに伝わることを恐れて、「好き避け」をして周囲にバレないようにすることも考えられます。

好き避けする男性の心理

既婚者の男性が好きな女性に「好き避けをする心理」とはどういうものなのでしょうか?
女性は「好きな人には近づきたい」という心理が強いですから、この「好き避け」をする男性の心理が理解出来ない人もいるのでは?

男性と女性では脳の作り方が違うので、考え方も当然違います。
ですから、理解できなくても「男は女と考え方が違うしね!」と温かい目で見てあげてくださいね。

ここでは、好き避けをする既婚者の男性の心理について簡単に解説をしていきます。

周囲にバレたくない

学校や職場では大人数の男女が一つの環境に身を置いているので、親しくしている二人の男女がいれば結構目につきやすいです。

また、集団の中にいると「恋愛の噂」は広まりやすいですから、「バレたくない」という既婚者の男性は女性に好き避けをします。

嫌われたくない

「シャイな男性」や自分に「自信が持てない」は「好きな女性に嫌われたくない」という思いから、近づきたくても「素っ気ない態度や「つめたい態度」を取ってしまうことも。

それで「好き避け」をしてしまい、相手の女性に「嫌われている」と勘違いされてしまうことが少なくありません。

相手の気持ちが分からない

好きな女性が「自分のことが好きなのか?」という確信が持てなくて、好き避けをしていることも考えられます。

期待してその女性に近づこうとしたのに、それが勘違いだった場合に自分が傷つくことになので、気になる女性に好き避けをししまうのです。

好き避けと嫌い避けの見分け方

既婚者の男性から好き避けされていると思っていても、実は「本当に嫌われていた!」という非常に残念なケースもあります。

男性側の態度が「好き避け」によるものなのか、本当に嫌われているのかの見極めは非常に重要です。「好き避け」と「嫌い」の見極めって難しいですよね?ですが、よく観察すると男性の態度がどちらによるものなのか見極めることが出来ます。

男性が女性に対する「好き避け」と「嫌い」の見極め方について解説するので、既婚者の男性にどう思われているか気になる方は参考にしてください。

2人のときの態度

既婚者の男性が好き避けをする理由の一つに「周囲にバレたくない」と気持ちがあるので、2人のときの態度で相手の気持ちを見極めることが出来ます。

2人にあなたときに話し掛けたら嬉しそうにしたり、相手から必要以上に話し掛けてきたりといった、態度が見られればあなたのことを「嫌っているわけではない」と判断していいでしょう。

嫌いな女性とは2人になっても話したいとは思いませんから、周囲の目があるときだけ避けられているような態度を取るようなら、好き避けの可能性が高いです。

困っているときに助けてくれる

好きな人が困っていたら、男女問わず放っておくことなんて出来ないですよね?

既婚者で好き避けをするタイプの男性であっても、好きな女性が仕事のことで困っていたりすれば、放っておけずに助けてくれるはずです。

もし、あなたが仕事などで困っていたときに「いつも、さりげなく助けてくれる」なら好き避けの可能性が高いと考えていいと思います。

メール・LINEではよく話す

好き避けをする男性は直接話すときには、口数が少なかったり、素っ気ない態度を取ることがありますが、メールやLINEなどの文章でのやりとりでは、自分のことや普段は話さないようなことを話す傾向が強いです。

もし、男性側の連絡先を知っているならメールかLINEを送って相手のリアクションや文章の内容で判断してみましょう。文章を見て「嫌われている様子がない」と感じたら、それは嫌われているのではく、好き避けかもしれません。

既婚者の好き避けへの対処方法

ここまでの内容を読んで「好き避けかも・・・」と感じた場合の対処方法について解説をしていきます。相手の既婚者が「好きな男性」なら嬉しい限りでしょうが、「嫌いな男性」だったら厄介ですよね?

そこで、既婚者の好き避けへの対処方法について「好きな男性」と「嫌いな男性」のパターンに分けてご紹介します。

好き避けする既婚者が嫌いな相手の場合

まずは、好き避けをしてくる既婚者が「嫌いな男性」の場合について解説をします。

嫌いな既婚者からの好き避けに対する対処は基本的には「相手にしないこと」がポイントです。
相手は既婚者で、更に「好き避け」をするタイプなので、あなたの態度次第で強引に迫ってきたり、アプローチを仕掛けてくる可能性は少ないはずです。

毅然とした態度を取る

相手に期待を持たせるような態度を取ると、誘いを受けたり、必要以上に絡まれる可能性も全くないとは言い切れないので、接するときは常に「毅然とし態度」を取りましょう。

毅然としていれば人目もあるので、相手の既婚者の男性も職場では必要以上に接してこないはずです。

必要以上に接しない

職場などであからさまに「嫌いです!」という態度を取るわけにもいかないと思いますので、一番ベストなのは「必要以上に接しない」ことが一番です。

必要以上に接しない状態を続けることによって、既婚者である男性はすぐにあなたのことを諦めてくれるでしょう。

好きな人・恋人がいると伝える

好きではない既婚者の男性から好き避けされていると感じたら、さりげなく「好きな人がいる」とか「恋人がいる」など、嘘でもいいから伝えておきましょう。

多くの男性は、好きな女性に好きな人や恋人がいれば、あっさりと身を引く可能性が非常に高いです。

好き避けする既婚者が好きな相手の場合

好き避けをする既婚者の男性があなたの好きな人なら、さりげなく好意を伝えることで二人の距離を縮めることも不可能ではありません。

ですが、あなたの態度次第で相手の気持ちが離れていく可能性もあるので、親しくなりたいと思うならぜひ、参考にしてみてくださいね。

仕事以外で話し掛けてみる

好きな人と距離を縮めたいのであれば、「仕事以外の話をしてみる」のがおすすめです。
人は話す頻度が多い相手に好感を持ちやすいと恋愛心理で分かっています。

仕事以外の話を振った方が相手も嬉しいと感じるはずです。

メール・LINEを送ってみる

メールやLINEを送ることも相手と距離を縮めることが出来る方法の一つです。
ただし、相手は既婚者の男性ですから内容を見られてトラブルになってしまう可能性もありますね。

既婚者の男性に特にLINEを送る場合は、念のために「奥さん大丈夫ですか?」と気遣うの内容を送っておくようにしましょう。

仕事で役に立つ

好きな既婚者の男性が職場の人なら、相手と親しくなる為に「仕事で役に立つ」「サポートをする」ことがおすすめです。

仕事はその人の「人間性」が出ますから、仕事面で相手の役に立つことが出来ればあなたのことを評価しますし、関りを持てるチャンスも今より増えていくはずです。

まとめ

いかがでしたか?

好き避けは女性よりも男性の方が多いですし、既婚者の男性であれば尚更です。
相手の男性から「嫌われている?」と感じたら、この記事でお伝えした内容を参考に男性の気持ちを確かめてみてください。

相手の気持ちを確かめて対処をすれば「好きな相手」にしろ、「嫌いな相手」にしろ、良好な関係を築いていくことが出来るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました