彼氏との同棲のきっかけは何?一緒に住みたいって伝える方法は?

同棲 彼氏との悩み

毎日のように頻繁に会っているカップルの中には「いっそのこと一緒に住んでしまった方が、いろんなことがスムーズだな」と同棲を望んでいる人もいるんじゃないかな。

同棲の最大の魅力は、なんといっても寝ても覚めても大好きな彼氏といつも一緒にいられること

だけど、あなたは「早く同棲したい!」と思っていても、男性によってはなかなか同棲に踏み切ってくれなかったり、反対にやたらと「同棲したい!」と思っていたり。

最近では同棲してみないと結婚できないと考える人も多いみたい。だから、結婚前のプロセスにもなりつつあるみたいね。

お互いのタイミングも大切ですが、実は同棲にも決意するためのきっかけが必要なんです。

では、カップルが同棲するきっかけというものはどんなものなのでしょうか?今回はそんな同棲のきっかけについて書いてみます。

今まで同棲をしたことがない人は、なおさら気になるかもしれませんね。

彼氏との同棲のきっかけって?

カップル

そもそも、世の中のカップルはどういう経緯で同棲することになっているのでしょうか?と言いつつ私も、つき合っていた男性と同棲を経験した1人です。

私は同棲した彼氏が過去に2人いますが、1人は毎日どちらかの家で過ごしていた流れで、気づけば同居していた…というなし崩し的な同棲でした。

このように流れで同棲を始めるカップルは少なくはないようです。

もう1人は家の更新のタイミングで2人で住めば家賃が半分!という安易なノリで始まりました。

ほかにも、 “お試し期間”だったり“結婚生活の練習”というように、

『結婚の話は出ているけれど本当に上手くいくかを事前に試したい』という慎重なカップルや、

『彼が結婚に踏み切らなそうなので、まずは同棲からはじめてみた』というカップルもいるようです。

 

経済的負担を減らすため

どちらかの家で過ごすことが多いカップルは、家賃など経済的な面を考慮すれば一緒にすんだ方が効率的と考えるのが自然ですよね。

いつも外で会っているのなら、そのぶん食事やホテル代などお金を使うことが増えちゃうけど、一緒に暮らしていればそういった出費もおさえられますね。

実際に私が以前同棲を決めた理由は、毎週デートで利用するホテル代がもったいないからだった。

その時は彼氏がホテル代もご飯代も全額負担してくれていたの。

でもある時、その分のお金を家賃にあてれば、もっと別の贅沢ができるんじゃないかなって。私の彼氏は実家暮らしだったけどホテル代と家賃が同じぐらいだったから同棲を決意してくれたわ。

経済的負担を減らすためといのは、彼がひとり暮らしの場合には大きなきっかけとなるでしょう。

普段彼の家で過ごすことが多いのであれば、同棲することで家賃だけじゃなくて、光熱費などの生活費全般を抑えることができるわね。

一度経済的なメリットを話し合ってみると同棲を決意するかもしれませんよ。

 

結婚を考えているから

付き合っていく中で結婚を意識し始めた相手であれば、その前に同棲したいと考える男性も少なくないようです。

結婚するためにはまず同棲が必要と考える人も多いので、同棲したら結婚できると考えず同棲で結婚をさらに前向きに進めていくことが大切になってきます。

 

通っているうちに自然に

どちらかの家に通っているうちにそのまま流れで同棲するカップルも少なくありません。

2人で住む家を決めたわけではなく、何となく始まったなし崩し同棲。家の契約的にもあまりよくはないので契約更新などのタイミングで2人で同棲について話し合った方がよいでしょう。


>LINEの占いは10分無料はこちら

 

彼女が心配

心配性や束縛するタイプ、過干渉タイプの男性は、彼女のことが心配で「ひとりにさせたくない」「そばに置いておきたい」という思いから同棲を提案する場合があります。

私もこの心理の男性と同棲したことがあるんだけど、体調が悪いといえば彼は仕事を休んで看病、出かけるときは常に一緒、帰りが遅くなれば電話やメールが異常に多い、別れたいと言えば家の中に監禁されるなど、束縛がひどく大変な思いをしたわね。

愛されていることには間違いはないんだけど、支配欲や独占欲の強い男性が同棲を望んでいる場合は、あなたを「手に入れた」と思ってしまうことがあります。

同棲をきっかけに今まで以上にあなたの行動に口出ししたり制限したりしようとすることもあるので注意が必要よ。

 

忙しくて会えないから

日々仕事が忙しく、家と会社を往復するだけの毎日になっている男性は、心から落ち着ける場所が欲しいと望むことがあります。

寝るだけの場所となってしまった自分の家に、大好きな彼女が毎日自分の帰りを待っていてくれたら……と、癒しを求めて同棲を望む男性は意外と多いもの。

大好きな人に毎日会える安心感というのはすごいものです。

カップルのどちらかが忙しく、会う時間が減ってしまった時に、同棲を意識するという男性も一定数ですがいるのです。

 

タイミング

賃貸物件に住んでいる人は、だいたい2年で更新という契約が多いです。

更新するには更新料を払わなければいけませんが、更新料を払って一人暮らしを続けるならこのタイミングで同棲した方が良いかもと考える人もいるようです。

実際に私も更新のタイミングで彼氏と同棲をしました。

お互いに1人暮らしをしているカップルなら、節約もできるし、マンションの更新時期が同じことが同棲のきっかけになることがあります。

一緒に住みたい! 彼氏に同棲を決意させるには

カップル

それではどうやったら彼氏に同棲を意識させられるのでしょうか。

ストレートに伝える

回りくどい方法をとると、彼は「結婚を迫られている」と警戒心を抱いてしまう可能性があります。

彼から同棲を提案してくれるようにとあれこれするという方法も1つではありますが、それよりもストレートに「〇〇君ともっと一緒にいたいから同棲したい」と伝えた方が男性の心に響きやすく、また男性も嬉しいものです。

 

メリットだけを感じさせる

料理

「同棲したい」と一方的に意見を伝えて納得させるのではなく、“彼自身の負担が減る”という彼自身のメリットを強く打ち出した前向きな話し合いが効果的です。

また、寂しがり屋の彼氏なら、仕事から帰ったら家に彼女がいるのは大きな癒しになります。

癒しを求めて同棲を望む男性は少なくありませんので、家に帰るとあなたに会えるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

タイミングを利用する

生活のなかでの何かしらのタイミングで同棲を決意する男性は多いものです。

ですが、彼女と一緒に住むのも悪くないなと思っていたとしてもなかなか自分から同棲話を持ち出すことができないシャイな男性も多いのです。

そんな時は、引越しを検討するタイミングや、デートの帰り際に「一緒に住むと毎日会えるね」や、さりげなく「毎日一緒にいるのに、2人とも家賃を払うのは無駄かもね」などと言ってみるのも1つの方法です。

彼氏と同棲する前に話しておきたいこと

おんぶ

いざ同棲が決まって彼氏と一緒に住める!とわくわくしているあなた!

ちょっと待ってください。

別々に暮らしていた2人が一緒に住むと生活スタイルに様々な変化が生じることになります。

同棲を始めてから話し合うよりも、同棲する前に2人の考え方や思いを話しておく方が、トラブルや喧嘩を回避することができます。

 

お金のこと

2人で住む家の家賃や生活費など毎月の出費となるお金をどう負担するかをしっかりと話し合わなければいけません。

お金のことを話すのは抵抗があると感じるかもしれませんが、一緒に暮らすということは、その辺りの価値観や認識を確認しておかないといけないのです。

実際に一緒に住み始めてからお金の面での不満や価値観の違いがあらわになり、トラブルに発展したり、最悪の場合は2人の関係に亀裂が生じてしまうこともなりかねません。

家賃や生活費、お財布を分けるのか一緒にするのかなどを必ず話し合い、お互い納得してから同棲を始めましょう。

 

家事のこと

家事は全部私が負担するの?私は奥さんでもお母さんでもない!という同棲カップルの彼女の不満を聞いたことはありませんか?

同棲を始めた頃はついつい新婚さんのような気分になって、女子力のあるところを見せようと張り切って家事を引き受けてしまいがちです。

ですがあるときふと気がついて、思わず不満爆発……というケースは良くあること。家事の分担も住み始める前に話し合っておきましょう。

仕事の時間や負担、家賃を払っている割合など様々なことを考慮して、2人が納得できる内容を探すことが大切です。

 

いつまで住むのか

家賃や家事のことは話しても住む期間を話すカップルは少ないのではないでしょうか。

一緒に住むということは、少なくともそう遠くない将来に結婚も視野に入れているはず…目処がないと、結婚もしないまま同棲関係だけがズルズル続いてしまう場合があります。

いつまで同棲をするのか?や、結婚を考えられなくなった時点で別れを告げるなど、この先同棲を続けていく上で「いつ将来について話し合いの機会を持つか」について、2人で決めておきましょう。

彼氏との同棲にはきっかけが大切

自信

毎日のように会っている彼。移動時間や交通費を考えると同棲した方がいいかも…と思うこともありますよね。男性が同棲を決意するのは

  • 経済的な負担を減らす
  • 忙しくて会えなくなった
  • 契約更新のタイミングが重なった
  • 結婚を意識し始めた

など「あなたと一緒に暮らしたい」と思うきっかけがあるのです。

日々の中であなたに会えない寂しさを感じさせたり、思い切ってストレートに一緒に住みたいと伝えるのも一つの方法です。

ぜひ参考に、彼氏と楽しい毎日を過ごしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました