セフレと恋人の境界線!体の関係、本命彼女になる方法から見極め方まで

彼氏との悩み

好きな人がいて、その人と「デートをして体の関係を持った」という場合は
「両思いになれたのかな」と思い、とても嬉しい気持ちになりますよね。
でもその後の彼の行動に違和感が….

「あれ?付き合っていると思っていたけど私の勘違い?でも体の関係はあるし、もしかしてセフレ?それとも恋人?ただの遊びの相手?」と不安に思ってしまう状態….。

そんな状態では彼があなたの事をどう思っているのか解らなくなってしまい、悩んでしまうのも無理は無いかと思います。
もし「付き合っていると思っていたのに彼の本当の気持ちが解らない」と思っている方や「曖昧な関係をやめて本命の彼女にのし上がりたい」と思っている方がいたら、是非この記事を読んでみてください。

少しでもあなたの手助けになればと思います。

スポンサーリンク

曖昧な関係…セフレ?恋人?遊び?

好きな人だから、体の関係も許したのにその後の彼の行動がおかしい。
曖昧な関係を望んだ訳じゃないのに、彼を好きだから怖くて言い出せない。
そんな「良くない状態」はなぜ起こってしまったのでしょうか。

今までの関係を今一度ふりかって彼の考えを分析してみましょう。

前提、男性は付き合わずに体の関係を持ちたい

男性の考えは女性には理解しがたい考えである事がしばしば起こり得ると思った方が良いでしょう。

例えば男女が体の関係を持った時に女性の場合は「気持ちが無い状態での体の関係は苦痛」と思う場合が多いのですが、男性の場合は「気持ちが無い状態での体の関係をもっても平気」と思う方が多いと言う事なのです。

そうなると「体の関係」を持ったときに彼と彼女で「考え方の違い」が生じても不思議では無いですよね。

つまり男性としては「体の関係は多くの人と持ちたい、でも特定の人に気持ちを向けるのは避けたい」という考えが前提になっている場合が多いので、その対象の女性にはあえて「曖昧な態度」や「いい加減な行動」を取る場合があると言うことです。

そうなると「体の関係に“気持ち”を求める女性としては、彼の気持ちが解らなくなってしまう」のは当然ですよね。

でも「都合のいい女」になってしまう前に、他に方法はないのでしょうか?
まずは自分が「セフレである可能性」を見極めていきたいと思います。

複数回の体の関係はセフレの可能性が高い

もし彼とデートを重ねていて、複数回の体の関係があるという場合「彼女」と何が違うと思いますか?実は明確な違いがあるのです。

それは「お付き合いしよう」という二人の話し合いが無い。と言う状態です。彼から言われないから、こちらから話しをしようとしても、はぐらかしたり誤魔化されたりする場合は「彼にとってあなたはセフレ」である可能性が高いと言えるのかもしれません。

でもそんな男性にも「本命の彼女」という存在が出来る場合があります。
それは男性自身が精神的に成長するなどして、肉体の快楽以外での「繋がり」を大切に思えるようになった時に「この女性とはずっと一緒にいたいな」と感じ「他の人と肉体関係を持って彼女を傷つけたくない」と思えるようになるからです。

ではそんな「本命の彼女」になるためにはどうすればいいでしょうか。
まずは「男性がセフレにしかしないこと」と「本命にしかしないこと」を見極める事から初めていきましょう。


>LINEの占いは10分無料はこちら

男性がセフレにしかしないこと

男性が「この女性はセフレ」と思った場合の行動として、3つの特徴をご紹介したいと思います。あたなが「今の彼が自分をどう思っているのか」を見極める参考にして頂ければと思います。

愛情表現をしてこない

彼があなたをセフレと思っていた場合「愛情表現をしてこない」場合が多いようです。

たとえ「セフレ」であっても体の関係だけで「はい、さようなら」と言うパターンばかりじゃ無いようです。

普通にデートをしてご飯も食べに行き一緒に楽しい時間を過ごすけれども「深い話しはしない」一線を引いたお付き合いをする。と言う事も多いようです。

もしそんな状態で、彼がしてくれないから自分が「愛情表現」をしたとすると、場合によっては彼から「面倒くさい」と思われてしまい「関係が終わってしまう」可能性もあります。
多くの女性が「それを何となく関知」して「好き」と言えずに悩んでいる場合が多いようです。

気を遣わない

彼があなたをセフレと思っていた場合「気を遣わない」場合が多いようです。

彼から誘いを受ける時も「予定を立てて会う」と言う場合は少ないでしょう。当日に誘われたり、夜突然連絡がきて「今から会えない?」などと言われる事もあるようです。

女性によっては「突然会いたいなんて、私の事好きなんだ」と思ってしまう場合もあるかもれませんが、「いつも突然」な場合は違いますよね。こちらの都合などお構いなしで連絡してきている可能性が高いです。

ポイントは「気を使えない人」では無くて「あなたが気を遣う対象に入っていない」という事です。

エッチの後に「早く帰って欲しそう」にしていた場合も冷たいですよね。こちらもセフレの可能性が高いと言えるでしょう。

エッチが自分本位

彼があなたをセフレと思っていた場合「エッチが自分本位」となる場合が多いようです。

セフレとして彼は「あなたが気持ちよくなる」より「自分が気持ち良くなる」事を大切にしています。なので、過剰なプレイを要求してきたり特殊な性癖を押しつけてきたりする事も起こり得ます。

あなたが求めるエッチを知りたいと思う気持ちは無いと思っても良いでしょう。
「この人のエッチは一方的だな」と感じたら彼にとってあなたは「セフレ」である可能性が高いと思っても良いのかもしれません。

男性が本命にしかしないこと

では逆に「男性が本命にしかしないこと」はどんな事でしょうか。
こちらも特徴を3つ程にまとめてみましたので「男性がセフレにしかしないこと」と合わせて参考にしてみてください。

記念日をお祝いする

男性が本命にしかしないことの1つ目は「記念日をお祝いする」です。

「記念日」を嬉しく思う事は「二人だけの時間を大切にしている」事でもあります。半年や一年毎の記念日やイベントを「二人で迎える事に喜びを感じてくれる」という状態は「また次も一緒にお祝いしたいね」という気持ちも含まれているからです。

つまり「将来も一緒にいたい相手」である可能性が高いと言えるでしょう。

さらに記念日などにプレゼントをくれる場合も本命である可能性が高いでしょう。

食事の時におごってくれる

男性が本命にしかしないことの2つ目は「食事の時におごってくれる」です。

本命の女性には「好かれたい」という気持ちがあるので「尽くしたいと思う」場合が多いようです。その解りやすい行動が「食事の時におごってくれる」です。

遊びの時にはホテル代すらも出したくないと思う男性でも、本命の彼女になると記念日などに高価で美味しい物をご馳走してくれたりする場合も有るようです。

それに好きな人とたべるご飯はより美味しく感じますよね。本命の彼女とは美味しい物を共有したいと考えているのかもしれません。

 

デートをしてもエッチをしない

男性が本命にしかしないことの3つ目は「デートをしてもエッチをしない」です。

本命の彼女に求めるのは「気持ちの繋がり」である事が多いです。なので彼女がエッチをしたくない場合には無理強いをする事は無いでしょう。

エッチの時にも自分本位で進める事は少ないでしょうし、終わってからも素っ気なくする事もあまり有りません。
また「セフレにはキスはしない」と考えている男性も多いようなのでエッチの後などに優しくキスをしてくれる場合などには「本命の彼女」である可能性が高いと言えるでしょう。

恋人未満…。本命の彼女にのし上がる方法

如何でしょうかここまで記事を読んで頂いて彼の本当の考え、あなたの事を「セフレと思っているか」「本命と思っているか」の見極めが出来てきたのでは無いかと思います。
「彼の事は大好きだけど、都合の良い女になったところで“自分にメリットがない”」と見切りをつけて彼との関係を捨てるのも一つの方法だと思います。

ですがもう一つ方法があります。それは「彼の本命の彼女にのし上がる」と言うことです。方法としては5つ程ご紹介したいと思います。参考にしてみてください。

1.彼の好みのタイプを把握する

セフレから本命の彼女になりたいのであれば「彼の好みのタイプを把握する」事が必要です。
彼がどんなタイプの女性だと真剣に向き合いたいと思うのかを、自分なりに分析するのです。例えば好きな芸能人を聞いてみるのも良いですし、今まで好きになった女性はどんな人かを知ることが出来れば、今の自分と比較する事が出来ます。そこで自分に足りない部分を補う努力をしてみるのです。

好みのタイプで参考にして欲しいのは「外見」以外にも「内面」です。
本命の彼女とは「心の繋がり」を持ちたいと思う事が多いと思いますので「彼好みの内面になる」と言うことはとても大切です。

ただ彼があなたの事を「まだ本命の彼女ではない」と思っていたとしたら、そう行った自分の深い部分を話す事に抵抗を感じるかもしれません。出来るだけ自然に好みのタイプを聞き出すか、彼の友人などにさり気なく聞いてみるのも良いかもしれません。

2.自分の態度を変えてみる

セフレから本命の彼女になりたいのであれば「自分の態度を変えてみる」事が必要です。

今まであなたは彼とどんな態度で接してきましたか?
彼に良かれと思ってしてきた行動が実は「彼にとって都合のいい相手」として思われる要素になっている場合もあり得るのです。

つまり今の状況は「あなた自身にも落ち度がないとは言い切れない」と言えます。
セフレから「本命の彼女」になるためには、彼があなたに「セックス以外の魅力」を感じなければなり得ません。

今までのあなた自身を振り返り「より人間としての魅力を磨く」事がとても大切になってきます。

あなたへの彼の気持ちを変化させたいのであれば「まずは自分が変化する事」。そうする事であなたへの彼の気持ちも変化する場合があるようです。

3.第三者を巻き込む

セフレから本命の彼女になりたいのであれば「第三者を巻き込む」事が必要です。

過去に「セフレ」から「本命の彼女」になった場合の理由として「第三者を巻き込む」という理由は以外と多いようです。

これは以外にも「男性側」からの意見として多くあがっているようです。
例えば一つの例として、「セフレと一緒に居るときに、母親や兄弟が家に訪ねてきてやむを得ずに“彼女”と紹介した。その時の応対がとても感じが良くて母親に気に入られてしまった」など、偶然とは言え「彼の肉親に会った際にその心を掴む」という方法は彼にしてみると「セフレ」から「本命の彼女」にしたいなと思える出来事として重要になるようです。

でもこれは彼の肉親に偶然会えないと出来ない事ですよね。
他にも「彼の友人を味方につける」という方法もあります。もし彼の友人と接点があるのであれば「彼の友人に二人の仲を応援してもらう」というのは効果的です。

友人から「あの子良い子だよな。羨ましいよ。ちゃんとしてやれよ」と話して貰えたとすると彼としては「セフレであるあなた」を「本命の彼女」として考えるきっかけになる可能性が高いと言えるでしょう。

4.時には甘えてみる

セフレから本命の彼女になりたいのであれば「時には甘えてみる」事が必要です。

あなたを「セフレ」として認識している状態での彼は「自分が甘える事も、あなたが甘える事も」避けて通る空気を出しているとは思いますが、タイミングをみて少しだけ「甘えてみましょう」

大切なのは「面倒くさい」と思われない甘え方です。
彼があなたの事を「かわいい」と思えるくらいで、あなたが「寂しい」と思っている事が伝わるくらいの甘え方です。

とても難しいですよね。
でも「この子は ほおっておけないな」と少しだけ心に留めてもらう事が大切です。
エッチの時に、さり気なくアピールしても良いかもしれません。
実は「全て良いなりになってくれる女性」を男性は「本命の彼女にしたい」と思う事は少ないようです。

「本当は好き。でも我慢してるよ」という気持ちを彼がなんとなく感じ取ってくれる程度に自分の気持ちを伝えてみると良いかもしれません。

ただそんなさり気ないアピールすら「嫌そう」な反応をされた場合は、今はまだ「甘える」事を控えてください。

5.自立した気のきく女性になる

セフレから本命の彼女になりたいのであれば「自立した気のきく女性になる」事が必要です。

ポイントは彼に「対等に扱ってもらう」と言うところです。
「彼の言いなりにならずに、話し合いが出来る関係」が理想的です。
恋愛において「惚れた弱み」と言うように、好きな方が弱い立場になりやすくなってしまうのですが、そうすると彼はあなたを蔑ろにしたり、下の立場として接して来る場合があるので、こちらの気持ちを無視する結果になってしまうのです。

では「対等な立場」になる為にはどうすればいいでしょうか。
それは「自立する」と言うことです。「仕事、家事、趣味の部分で自立して充実した生活を送る」のです。

心に彼以外の「余裕」を持つ事で、彼が困った時などに「彼をサポート」できるようになる訳です。
そうなると「自分にとって都合のいいセフレ」から「自分にとって必要な存在の本命」に変化する可能性があります。


以上が「本命の彼女にのしあがる方法」となります。

如何でしたでしょうか。男性がセフレとして扱ってくる場合の共通点として「自分本位の行動をとる」ことが言えるのかもしれません。
それは性格ではなく「セフレだから」と言う前提の元に行動していると言えるでしょう。
そして彼自身の考えを変えるには、あなたが変わるしか無いと言うことも言えます。

もし彼を「どうしても諦めきれない」場合は「自分磨きをして自立」をしましょう。

ですが「セフレ」を作るような、言ってしまえば「最低」な性格の男性。自分磨きをしている内に「何であんな男に拘っていたんだろう」と思えてくる可能性も十分にあり得ます。

そうなってしまえばもう見切りをつけて、最初から対等で自分を大切にしてくれる男性を見つける努力をしてみるのも良いかもしれません。
いずれにしても、あなたが幸せな恋愛を出来る事を心から願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました