既婚者とデートはどこから不倫?2人で出かけるのはNG?

既婚者との恋愛

タイプだと思える男性と職場などで一緒に過ごせると、毎日が幸せな気分になって楽しいもの。

しかし、素敵だなと思っていた男性が既婚者だった…そんな悩みを抱える人は多くいます。

あなたが好みの男性から、食事やデートに誘われたら飛び上がるほど嬉しいですよね。

ただ、その男性が既婚者ならデートに誘われても不倫に思われる可能性があり、なかなか喜べません。

この記事では、既婚者とのデートはどこから不倫になってしまうのかご紹介します。

NGになってしまうラインを知って、不倫にハマってしまわないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

既婚者にデートを誘われた!どこから不倫?

食事

男性から誘われてデートをするパターンは色々あります。

仕事上の付き合いであったり、誘ってきた男性が悪い人ではないから断る理由がなかったり。

デートと言っても食事だけなら行ってもいいかなと、気持ちのハードルは低めですよね。

しかし、相手が既婚者なら「食事に行くだけでも不倫になるのでは?」と心配になるものです。

実は、既婚者にデートに誘われると全てが不倫になってしまうのではありません。

デートに誘われても、不倫になる場合とならない場合があります。

2人きりで会っていているだけで「不倫」とはならないので、誘いを受けても過度に身構えなくても大丈夫です。

既婚者とのデートは法律的にはどこからがNG?

疑問

デートに誘われて不倫になる、ならないはどこで線引きがされているのでしょうか?

明確なラインがわかれば、行動を気をつけようと思えますよね。

まずは、法律的に見てどこからがNGになってしまうのか見ていきましょう。

ほとんどの場合は、肉体関係があった場合に不倫とみなされます。

法律的に「不貞行為」と言われているもので、配偶者以外と肉体関係を持つことです。

離婚の理由としても不貞行為は認められているため、既婚者と不倫をしてしまうと相手の家庭を壊してしまいます。

離婚の原因を作ったとして、誘いに乗ったあなたに相手の妻から慰謝料を請求される可能性も。

1回だけでも不倫をすると、あなたも相手も精神面や金銭面で大きなダメージを受けます。

不倫の境界線。実際、既婚者とのデートはどこからがNG?

OKとNG

既婚者と肉体関係を持つのが法律的にアウトですが、それ以外ならOKなのかと疑問に思いますよね。

手をつないだり、キスをしたりまでなら許されるのかと気になるところです。

実は、肉体関係がなくても不倫とみなされることがあり、線引きがとても曖昧であることを知っておきましょう。

夫婦関係を保てなくなる行為があれば不倫となることも。

ここからは、それぞれのケースごとに不倫になるならないをご紹介します。

2人で食事をした場合

男性から誘われて、2人きりで食事をするのはよくあるケース。

会社の上司や同僚、学生時代の友達など色々なパターンがありますよね。

食事だけなら既婚者と2人きりで会っていても、不倫にはなりません。

しかし、レストランやバーなどで2人で会っているところを知り合いに見られると、不倫を疑われる可能性があります。

手をつないだ場合

次に手をつないだ場合を見ていきましょう。

女性の多くは、「手をつないだらアウトなのでは?」と思いがちですが、これだけでは不倫にはなりません。

「人込みではぐれそうだから」とか「人が多くてぶつかりそうで危ないから」など手をつなぐ理由はいくつかあります。

また、ある程度打ち解けている仲の良い関係だと、手をマッサージしたり手相を見たりなどで触れることも考えられます。

手をつなぐだけでは不倫とは言えませんが、周囲からは勘違いされるので注意が必要です。

ハグの場合

既婚者の男性とハグをしたら、不倫になると思いますか?

実は、ハグもこれだけでは不倫とは言えません。

外国の文化で、友達同士でも日常的にハグをすることがあります。

既婚者の男性が外国人であったり海外での生活が長かったりすると、ハグをしてもそこには下心がないことも。

また、あなたが辛い経験をしてそれを慰めるためや久しぶりの再会で嬉しさの表現でハグをする場合も考えられます。

下心がないとしてもハグは周囲から見れば、「絶対に不倫している」と思われる行為です。

また、男性があなたに好意を持っていると、ハグをきっかけに不倫が始まる可能性があるので注意しましょう。

キスの場合

既婚者の男性との食事の帰り、不意打ちでキスをされてしまった…

そんな状況は、意外に起きやすいものです。

しかし、キスをしても法律的に不倫として認められることはほとんどありません。

法律面では不倫とは言えませんが、キスをしている現場を見た人は「不倫をしている」と確実に思います。

なぜ、周囲の人はそのように思うのでしょうか?

何も恋愛感情がない人とはキスをしようとは思わないため、感情面でアウトだと判断します。

キスをされてしまった場合、既婚者の男性はあなたに好意を持っていることを知っておきましょう。

キスは恋愛感情がないとしないため、周囲の人からはアウトだと思われてしまうグレーゾーンの行為です。

体の関係をもった場合

既婚者の男性と体の関係をもってしまった場合は、不倫とみなされます。

配偶者以外と肉体関係を持つと、法律的に見て「不貞行為」に当たり、罰せられてしまうことを知っておきましょう。

あなたが普段気をつけていたとしても、お酒が入ると気持ちがおおらかになりやすいもの。

酔った勢いでホテルに入り、体の関係をもってしまったということも起こりやすいのです。

たとえ、一度きりだとしてもお酒は入ってたまたまだとしてもあなたの行為は「不倫」。

酔っていたからという言い訳が出来ません。

大人数で飲んでいても、2次会や3次会などのどさくさに紛れてホテルに行く可能性があります。

2人きりの食事でないときも、お酒が入る場面では油断しないようにしましょう。

デートの先で不倫になっちゃったときは?

落ち込む女性

不倫をしてしまった女性の多くは、どんなリスクがあるのか深く考えずに行動しています。

既婚者の男性に誘われるままホテルや自宅に行くケースがよくあるのです。

しかし、不倫は不貞行為で罰せられてしまう行為。

ここからは、デートの先で不倫になってしまったら、どんなことがあなたの身に起きるのかご紹介します。

不倫をしたときのデメリットを知って、誘いに簡単にのらないよう気をつけましょう。

噂が広まる

既婚者の男性と不倫をしているところを誰かに見られると、噂がすぐに広がります。

食事の最中やホテルの出入り以外にも注意しなければ、噂の対象に。

デートの帰りに送ってもらったり自宅に招いたりすると、それを近所の人が見ている可能性があります。

近所で不倫をしていると噂が広まってしまっては、その地域には居づらくなるものです。

軽い気持ちで始めてしまった不倫も噂が広まれば、引っ越しも考えなくてはいけません。

どんなに人の目を避けて気をつけていても、どこかで見られています。

不倫は隠しきれるものではないのです。

社内にはいられなくなる

不倫相手が同じ会社の人のパターンについて考えてみましょう。

不倫をしてしまうと、社内の風紀を乱したとして様々な処分が考えられます。

2人を異動させたり減給や降格、出勤停止などが待ち受けているのです。

また、不貞行為を理由に解雇の可能性もあります。

そのような処分が下されなくても、社内にはいられない状況になることも。

人の悪い噂は広まりやすいもので、不倫の情報は会社内全体に知れ渡ります。

そうなると、社内にいられなくなり辞めざるを得ない状況に。

不倫は発覚すると、職場にはいられなくなるリスクがある行為なのです。

奥さんが職場や家におしかけてくることも

既婚者の男性と不倫がバレてしまうと、男性の奥さんがあなたの職場や家におしかけてくる場合があります。

奥さんは不倫の証拠だけでなく相手の身元を調べ上げて、あなたの職場や家を特定しているので逃げようがありません。

会社に押し掛けてきた場合は、証拠を突き付けられる可能性がとても高いです。

不倫の証拠が揃った状況では、会社はあなたを守ってはくれません。

会社としてのブランドやイメージを守るため、不倫をしたあなたをクビにします。

自宅におしかけられる場合も厄介です。

あなたに傷をつけるのが目的だと、不倫が傷害事件に発展してしまいます。

不倫をされた女性の怒りは、夫よりも相手の女性に向かうことを知っておきましょう。

慰謝料を請求されることも

不倫をされた奥さんは、夫と不倫相手の女性に慰謝料を求めることができます。

20代の若い頃に不倫をしてそれがバレてしまったとき、慰謝料の支払いは経済的なダメージがとても大きいもの。

不倫がバレた時の慰謝料がどれくらいになるのか気になりますよね。

実は、慰謝料がいくら請求されるのかきっちりとした金額は特に決まっていません。

不倫をされた奥さんが、受けた精神的苦痛をカバーするためのお金が慰謝料です。

裁判の過去の判例でもばらつきがあり一概には言えませんが、高額な金額が請求されます。

特に、不倫がきっかけで離婚に至った場合は金額が上がりやすいです。

不倫は、精神的経済的ダメージのリスクが高い行為だとしっかり認識しましょう。


>LINEの占いは10分無料はこちら

既婚者とデートしても不倫にならないためには

 

ストーカー

不倫かどうかのラインやリスクについてはわかったけれど、どうしても断りにくい状況になる…

相手の男性の地位や雰囲気から、誘いを断れないと悩む女性が多くいます。

あなたもそんな悩みを抱えた女性の一人ではないでしょうか?

ここからは、デートの先で不倫にならないための方法についてご紹介します。

不倫に発展しないよう対策をしましょう。

既婚者からのデートの誘いは断る

相手から誘われたら、断りにくいですよね。

「せっかく声をかけてくれたたのに断ったら傷つけるのでは…」と思ってしまうもの。

しかし、不倫に発展しないためにも誘いをきっちり断ることが大切です。

既婚者の男性の誘いにのって不倫になってしまうと、傷つくのは男性の家族です。

誘いを断られた男性は多少は傷つきますが、それ以上のダメージを受けるのは家族。

仕事上の相談などどうしても受けなければいけない誘いは受けても、特に理由のないデートは断りましょう。

不倫の可能性をなくして、周囲に誤解を与えない行動をが大切です。

毅然とした態度で流されない

不倫に発展しないためにも、はっきりとした態度も重要です。

「私は不倫なんて絶対にしない」という気持ちを持ちましょう。

意志がしっかりしていれば、あなたの行動にも表れます。

毅然とした態度でスキを与えなければ、相手が誘うこともありません。

また、日頃から自分に言い聞かせることも大切。

「不倫はダメ」と日々思っていれば、お酒の酔った勢いでの行動を控えられます。

上手にあしらう

相手の誘いを拒絶するのではなく、上手にあしらうことも不倫に発展しない方法の一つ。

食事などでお酒が入ると、自然に距離が近くなるものです。

きっぱり拒絶してしまうと、相手の反感を買いさらに強引に誘ってくる可能性があります。

また、お互いの今まで培った関係が悪くなることも。

そんな状況にならないためには、上手にあしらうことです。

相手に誘われたときには、相手には奥さんがいることを思い出させたり自分には予定があることを伝えたり。

これ以上発展しないことを匂わせることが重要です。

上司や同僚には常にビジネスモード

職場の上司や同僚の誘いは、仕事上の付き合いで必要なら参加するのも大切です。

そのときに、自分のプライベートな話をしすぎないようにしましょう。

ビジネスモードで、自分の情報をなるべく与えないようにすることで不倫に発展する可能性を下げられます。

相手のプライベートなことを知ると、好意を抱きやすくなるのです。

自分の話より相手の話を聞き、聞き役に徹するとあなたのプライベートな話をしなくても済みます。

常にビジネスモードで接してスキを与えないように注意が必要です。

2人きりで会わない

あなたを誘ってくる男性が、職場の人なら顔を合わせないのは難しいですよね。

完全に避けるのは出来なくても、2人きりで会わないようにするだけでも不倫の芽を摘むことができます。

「食事に誘われても大人数で行く」、「人目が多いところで話す」など2人だけにならないようにしましょう。

誘われて気持ちが揺らぐのは、2人きりだからです。

人の目があると、不倫に発展しにくくなります。

不倫はリスクしかない

泣く女性

法律的には肉体関係があれば、不倫とみなされます。

しかし、肉体関係まで至らなくても周囲から見て不倫だと思われることも。

噂が広がると職場にいられなくなったり男性の奥さんが会社に押し掛けてきたりして、あなたの生活が大きく変わってしまいます。

他にも、慰謝料が請求されてしまうと経済的ダメージを受けることも。

相手にスキを見せずに、上手にあしらったりビジネスモードで接したりして不倫に発展しないよう注意が必要です。

不倫は大きなリスクがある行為のため、簡単に誘いにのらないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました