夫婦の寝室って別でもいい?実際どっちが円満なのか教えて!

夫婦の寝室が別になるきっかけ 夫婦生活の悩み

たまにふと疑問に思う夫婦の寝室のこと。

自分たち夫婦はこうしてるいけど、友達のとこの夫婦はどう寝てるの?

一緒に寝たほうがいいという意見も、別々の方が楽だよという意見…。

どちらもよく耳にします。

「そんなことべつに悩まなくてよくない?」

…はい。たしかにそうなんです。

悩むまではいかないですが、もし〇〇の方がいいんだよ?と耳にしたら試してみる価値はあると思ってしまいますよね?

それぞれ夫婦によっていろいろ考え、生活の違いはあると思いますが、是非参考にしていきたいと思います!

夫婦の寝室が別になるきっかけとは?

夫婦の寝室が別になるきっかけ

そもそも、「別々に寝る」なんてありえな〜い!なんて考えている方も多いのではないでしょうか?

新婚ラブラブ夫婦であったり、付き合って間もないカップルのみなさんには考えられないかもしれないですね!

いや、それが長いこと生活を共にしていると、色々と出てくるんです。

ありとあらゆる問題が。些細なことなんですけどね…。理由をいくつか紹介していきたいと思います。

 

子どもが生まれたタイミング

きっかけとしては1番多いのではないでしょうか?

お二人の間に待望のベイビーが産まれたタイミングです。

始めのうちは「可愛い〜」で済みますが、赤ちゃんのお世話慣れるまでは大変ですよね?

夜泣きもしますし、何時間おきかにおっぱいもあげなくてはいけません。おむつ交換もあります。

仕事で疲れている旦那様にはゆっくり休んでもらいたいですもんね?

そうなると、赤ちゃんが夜泣きしている間は別々に寝るという夫婦も出てくるのもわかります。

「仕事だからとか関係ない!」と、かなり協力的な旦那様の場合は寝室を分ける必要はなさそうですけどね!

 

いびきがうるさい

いびきはやめていただきたいと思っている人も多いのでは?

寝たくても、いびきがうるさければ寝れたもんじゃありません!

毎回耳栓をして我慢して寝てるという人も聞いたことがあります。

最初のうちは「疲れてるんだな」「いびきなんてかいて可愛いな」で済むかもしれませんが、それが毎日続くとなると疲れてしまいますよね。

いつしか我慢できなくなって、もう寝室別々にしよう!なんてことになってしまいそうですね。ストレスが溜まる前に別々に寝たほうがよさそうです。

 

生活スタイルが違う

生活スタイルが違うと仕方ないですよね。

寝る前にどうしてもゲームがしたい。読書がしたい。ゆっくりアロマキャンドルを炊きたい…など、自分1人の時間が欲しいとかも、もちろんありますもんね。

それなら無理に1つのベットにする必要がないわけです。

他にも、勤務体制的に、夜勤がある。とか、朝が特別早いなど生活リズムが違う場合の夫婦も寝室別々パターンが多いようです。

ゆっくり寝ている最中、物音で起きたりそういうことが少なくていい作戦だと思います。

 

寝室が別のメリット

寝室が別
夫婦別々に寝るのはなんだか「仲が悪い」とかマイナスなイメージがある方もいると思います。

しかし、もしメリットがあるとするなら知りたくないですか?とっても気になりますよね?

夫婦の寝室が別々というのには一体どんなメリットがあるのでしょう!

 

自分好みの寝具にできる

これには納得〜という方もいるのではないでしょうか?

シーツに枕、掛け布団など、自分が好きなものにできるという意見です。

確かに、2人同じ寝室だと、相手の好みも聞かなくてはなりませんからね!

あとは暑がり、寒がり、寝相の良い悪いで布団を取った取られた。などの問題もあります。

さらに、カバーを自分の好きな趣味のものに変えられるのは嬉しいですよね!

フリフリのついたものがいい〜北欧スタイルが好き〜とか、今はたくさんの可愛い寝具が売られてますからね!これは嬉しいかもしれません!

 

寝るタイミングが自由

自分の生活リズムが掴みやすくていいのではないでしょうか?

眠くなったら寝る!それが1番ですよね。

確かに、2人同じ布団だと「先に寝てるから」っていうのは寂しいような気がしてしまう…という方もいると思います。

しかし、元から別々だと、いつ寝ようが相手のことを考える必要がないわけです!

寝るタイミングが自由だと疲れている時や、体調が悪い時なんかもよさそうですよね!

 

気楽に寝ることができる

まさか、一緒に寝ると緊張してしまう!だなんてことはないとは思いますが、確かに自分1人だけだと気持ちが楽ですよね。

どんなに布団をぐじゃぐじゃにしても、ぐるぐる動き回っても何してもいいわけですから!(笑)

2人だと「もうちょっとそっち行ってよ」なんて会話も出てくると思いますが、自分1人だと、全て自分1人のスペースですからね!

快適に、気楽に寝れますね!

 

寝室の温度を自由にできる

これもなかなか問題になっているのではないでしょうか?

「温度設定」!!

暑がり、寒がり!エアコンが好き、苦手!温度調整はなかなか難しいですからね。

1人が快適でも、もう1人が熱いと感じる、とよく聞きます。

しかし、寝室を別々にした場合は、全て自分の好きなように設定できるわけです!

快適に寝れるようになるのではないでしょうか?

寒いと眠れませんし、暑くてもねむれませんからね。温度調整は非常に大切だと思いますよ。

 

いびきをしても恥ずかしくない

まさかとは思うけど、もしかしたらいびきをかいているかもしれない…。

そんな心配をする必要がなくなるわけですね!

寝ている間、残念ながら自分がいびきをかいているかだなんて、そんなことは知ることはできません。もし、いびきをかいて寝てしまっているのであれば、寝室別々の方が助かりますよね?

いびきの他にも、よだれを垂らしてる。とか、歯ぎしりがうるさい。とか…そういったことを注意されずに済みますからね!

寝室が一緒のメリット

寝室が一緒

もちろん、寝室が一緒な時にもメリットはございます!

「一緒に寝てる」と聞くと、仲良し夫婦〜なんてイメージもあります。

具体的にどんなメリットがあるのか…一緒に考えてみましょう!

 

幸福感を得やすい

一緒に寝ることによって、幸福感が得やすいのだそうです。

相手の体温も伝わってきますし、寝息も聞こえてきます。朝目覚めると当たり前のように隣にある寝顔…。

確かに幸せを感じやすいかもしれませんね。

普段感じてる「当たり前」「小さな幸せ」は見落としてしまいがちです。

寒くなる季節。パートナーの温もりを感じながら眠りにつくのはとてもいいことかもしれませんね。

 

スキンシップがとりやすい

毎日同じ布団で寝ることによってスキンシップも取りやすいんだそうです。

考えてみればそうですよね。日中は仕事をしてたり、用足しに出かけたり。2人でゆっくり過ごせる時間は布団の中だけかもしれません。

手を繋いで寝る夫婦もいることでしょう。腕枕なんかも素敵ですね。

ちょっとしたスキンシップは夫婦円満にしてくれるはずです。布団の中だけでなく、日常生活でも仲良くいれそうですよね!

 

相手の病気など異変に気づける

なんだかいつもと様子が違う。なんだかおかしい。

そんなちょっとした変化に気づけるのも一緒に寝ている夫婦だからですよね?

夜中、呼吸がなんだか苦しそう。おでこを触ってみたら熱がある…。急な腹痛に襲われた!

そんな時、隣にいてあげれば、すぐに対応してあげることができますよね。

いきなり体調が悪いとなると人は弱まってしまいますからね。そんな時に隣に誰かいてくれれば、それだけで安心ですよね。

 

寿命が伸びる

なっ!なんと!夫婦一緒に寝ると「寿命が伸びる」なんて言われているんです。アメリカの論文で発表されています。

これには驚いた方も多いのではないでしょうか?

旦那様に長生きしてもらいたいあなたは、すぐにでも一緒に寝たほうがいいかもしれませんね!

先ほどお伝えした、相手の変化にすぐ気づくことができたり…幸せを感じやすかったり…そういうことと繋がっている結果かもわかりませんね!

一緒に寝るだけで寿命が伸びてくれるなら、自分自身も長生きできるのであれば、仲良く一緒に寝たいものですね!

 

少ない間取りで済む

2人で同じ布団で寝るのであればスペースをとりません!

今住んでる家に余裕がない夫婦であれば、その分他のスペースに当てれますからね。

そしたら広々快適に過ごせそうですよ。

2人分バラバラに寝るスペースを確保するとなるとなかなか場所を取ります。

節約にも繋がっていいかもしれませんね!

寝室別は愛情があるからこそ

愛情

寝室が一緒、別々のメリットをお伝えしてきましたが、全てをひとまとめに、「愛があってこそ、寝室別が成り立つ」ということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

いびきがうるさいから一緒に寝たくない!と、いう意見もあるとは思います。

逆を言えば、いびきがうるさいあなたと別々に寝ることによって、ストレスが溜まることなく、普段優しく接してあげれる。と、いうことですもんね。

思いやりに繋がっているわけなんです。そしてお互いに愛があるという信頼があってこそですよね。

寝室が別でも夫婦円満は成り立つ

夫婦円満

寝室が一緒だろうが、別々だろうが、愛があれば、思いやりがあれば夫婦円満でいれるということです。

「布団を別々にした方が男は出世する」だなんていうことも耳にしたことがあります。

全ては信頼と思いやり、リラックスさせてあげることに繋がっているのだと思います。

それぞれの夫婦、家庭環境で良い悪いは様々です。

どのような形であれ、幸せなのであればそれでいいのだと思います。

いつもはバラバラで寝てる方はたまには一緒に寝てみるのもいいかもしれませんよ?

普段一緒に寝てる方はたまには1人で大の字に寝てみるのも気持ちいいかもしれません!

いずれにせよ、幸せな夫婦でいてもらいたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました