既婚者だけど元彼に会いたい!結婚したあとに元彼と話しをしてもよい?

夫婦生活の悩み

結婚をしているのに、心の中に忘れられない相手がいる。その気持ちは隠さなきゃいけないけれど、気持ちを消し去る事が出来ずにふとした瞬間に思い出して辛くなってしまう。

こんな経験をされている方はいますか?誰かに相談は出来ないし、かといって自分一人で解決も出来ない。辛いですよね。

今回は「既婚者だけど元彼に会いたい!結婚したあとに元彼と話しをしてもよい?」と思われている方のお悩みを一緒に考えていければと思っております。

一人で悩んでしまいがちなお悩みですが、一つずつ気持ちを整理していけばスッキリ出来るはずです!一緒に考えていきましょう。

既婚の私が元彼に会いたいと思ってもいい?

このお悩みは誰かに相談は出来ませんよね。相談したところで大半の答えが「NO」だと解りきっているからです。でも、そんな事は承知した上で元彼に会いたいと思ってしまう場合はどうしたらいいのでしょうか?

その気持ちを押し込めて、無かったことにしますか?

自分の気持ちに正直に行動してみる決断をしますか?

どちらにしても待ってください。感情で行動してしまうよりもまず、自分の感情を冷静に分析して「今から自分はどうすればいいのか」を一緒に考えてみましょう。

結論から言うと「元彼に会いたい」と思う気持ちが悪い訳ではありません

自分の人生の中で「出会った人との思い出は」自分だけにしか解り得ないものです。
例え夫であろうと 絶対に理解は出来ません。
「元彼に会いたい」という気持ちを持つ事自体は全然悪くないのです。ただ、行動に移しても良いかとなると話しは別になってきます。

既婚者の場合、夫以外の人と関係を持つ事は大きなリスクを背負うことになりますよね。
その事実を見てみないふりは出来ないと思われるのでしっかりと頭の片隅に置いておきましょう。

元彼に会いたい気持ちの理由

「元彼に会いたい」という気持ちは人によって「理由」がそれぞれ違うかと思うのですが、あなたは自分の「理由」をしっかり把握できていますか?

まずは自分がなぜ「元彼に会いたい」と思っているのか、その理由を把握する事でその後どう行動すれば良いかが見えてくるはずです。

元彼に会いたい気持ちの理由で4つほど具体的な例を紹介しますので、参考にしてみてください。

まだ別れたことを引きずっている

理由の一つ目は「まだ別れたことを引きずっている」です。

別れ方は人によって色々あるかと思いますが、自分や相手にとってとても辛い別れ方をしてしまうと、いつまでも心に引っかかってしまい「忘れられない」という事になってしまう場合があります。

別れる時に大切なのは「お互いに納得しているか」ですよね。例えば一方的に別れてしまったり、別れの原因がはっきりしていない。など「あなたが納得していない別れ方」だった場合に「あの時にこうしておけば良かったのかな」という気持ちが残ってしまい、元彼との別れを引きずってしまう場合があるのです。

そしてそれは、その内記憶が薄れて行き解決してくれるのかと思いきや年々想いがつのり「忘れられない別れの思い出」になってしまう場合があるのです。

結婚して幸せだから

2つめの理由は「結婚して幸せだから」です。

実はこの理由で「元彼にあいたい」と思っている方は意外と多いようです。
「今が幸せなのに、どうして元彼に会いたいの?」と思う方も居るかもしれませんが、「今が幸せだからこそ、元彼に会いたくなってしまうのです」

元彼と付き合っていた当時に比べて、今の自分は「愛し合う家族や、不安の無い経済力に充実した生活がある」など「人として成長しているはず」と思う部分があり、例え元彼と会ったとしても「気持ちが揺らぐことはない」と確信をしています。

中には昔元彼に対してマイナスな感情を持っていたけれど「あの頃の二人があったから今の自分がいる」と思える方もいるようで、元彼に会って「今の幸せな自分を見て欲しい。ありがとうと伝えたい」と思っている場合もあるのです。

でもそれは言い換えると「見返して欲しい」という気持ちでもありますよね。
そんな気持ちがある場合は昔の「マイナスな記憶」を「プラスな記憶」にするために元彼に会いたいと感じている場合があります。

いまの旦那との生活に裏付けが欲しい

3つめの理由は「いまの旦那との生活に裏付けが欲しい」です。

旦那さんとは夫婦として生活しているので、どうしても意見のすれ違いやマンネリ化などから「自分が本当に旦那さんを愛しているのか、自分は愛されているのか」が見えなくなってしまう時があります。

そんな時に昔好きだった「元彼」に会う事で、旦那さんと元彼の違いを確かめて
旦那さんの良さを再確認する事で「旦那さんを選んで正解だった」と思う裏付けが欲しいのです。

女性はお付き合いや結婚した男性と上手く行かなくなった場合に、他の男性と比べてみたくなる事が良くあるようです。

元彼と今の旦那さんを比べた結果「やっぱり旦那さんが一番好きなんだ」と再確認出来るようになるわけです。

元彼への罪悪感

4つめの理由は「元彼への罪悪感」です。

昔あなたから別れを切り出したけれども、その時に元彼を傷つける別れ方をしてしまった。今でもその時の後悔が心の中に色濃く残っている場合はこちらの理由が多いでしょう。

「あの頃傷つけてしまったけれど、いま元彼は幸せになってるかな?」とか
「風の噂で今は元気にしているって聞いたけど、会って確かめる事は出来ないかな」などの気持ちがつのり、どうしても一目見たくなってしまうのです。

でも考えてみてください。それは本当に元彼への「心配の気持ち」だけですか?
実はここにあなたの隠れた気持ちが潜んでいるのです。

それは「元彼への罪悪感から解放されたい気持ち」です。自分が元彼を傷つけてしまった過去を、元彼の幸せな姿を見ることで「罪悪感」払拭したいと思っているのです。


以上が「既婚者が元彼に会いたい4つの理由」でしたが如何でしたでしょうか。
もし自分の理由が4つの内のどれかに当てはまってしたとしたら、耳の痛い話しもあったのではないでしょうか。

この理由を誰かに話してもみても「それってあなたのエゴじゃない?」と言われてしまい、誰かの同意を得るのは難しいかもしれません。

やはり「元彼に会う」とすれば「全て自分の自己責任の元に行動する」と言うことを頭に置いて行動しなければなりません。

それでも「誰かの同意なんていらない。やっぱり元彼に会いたい」と思われる方は次に「元彼と会う時に気をつけるポイント」を紹介します。

元彼にあうなら…..

自分が何故元彼に会いたいのかの「理由」も解っている。元彼に会うことので背負うかもしれない「責任」も理解している。それでも「元彼に会いたい」と思ったら

覚悟を決めて会うのだから、準備はしっかりしておいて間違いは無いと思います。
元彼に会う時に気をつけた方が良いことを5つ紹介しようと思います。

参考にしてみてください。

元彼に会うのは旦那には言わないのが無難

例えば「元彼に対して、恋愛感情になる可能性は絶対にない」と思っていて、「後で知って誤解されるより、会う前に伝えた方が旦那さんが安心するかもしれない」と思っている方がいたとしたら「それはやめた方がいい」と思います。

例え会う前に「元彼と会うけど、本当に今は何でもない人だから心配しないでね」
と伝えていたとしても、男性の心理としては「何でもない異性と二人きりで会う?友達以下の何でもない人とわざわざ会う意味ってなに?」と思われやすいからです。

先程も紹介したように「既婚者が元彼に会う」という行為は自分以外の誰かに肯定を求めるのは無理だと思った方がいいでしょう。

それどころか旦那さんは「妻は自分への愛情がなくなってしまったのかな」と思ったり「妻への自分の愛情に足りない部分があるのかもしれない」自分を責めてしまい、かえって旦那さんを苦しめてしまう事があります。

そんなところで「夫婦関係に亀裂が生じる」のはあなたが望む事ではないですよね?

そしてあなたが「うしろめたいが為に旦那さんに話してから元彼に会いたい」のだとすると「元彼に会う罪悪感を旦那さんに話す事でなくそう」としているにすぎません。もしそんな感情があるなら元彼には会わない方がいいでしょう。

後ろめたく思うのに耐えられないくらいなら、最初から会うべきではないのです

元彼へはどんな連絡がよいの?

もし何らかの理由で自分から元彼に連絡する機会があったとすれば元彼へはどんな連絡の仕方をすればいいでしょうか?

ポイントは「重たく感じないようにすること」です。
久しぶりに連絡する元彼ですから、今どんな状況かが解らない状態です。自分のペースではなく相手のペースに会わせる事も必要でしょう。

自分の近状や相手の近状を聞いた後に、自分が懐かしく思っている事を伝えてみましょう。その上で忘れてはならないのが「自分が結婚している事を伝える」事です。その上でサラッと「懐かしいな、会いたくなっちゃったな」と伝えてみましょう。

元彼も今では結婚をしていたり、彼女がいたり、以前とは違う状況になっている可能性があります。あなたに会いたいという気持ちがあっても今の状況を考えて、あなたの「会いたい」という気持ちをはぐらかして返答してくる場合もあります。

また、ラインやメールで連絡をした場合は返事が返ってこない事もあります。
そんな時は残念ですが、元彼にとっては「望まない連絡だった」可能性が高いでしょう。元彼の気持ちを尊重し、無理に会わないようにしてください。

しつこく追ったりせずにやれると事はやったと自分に言い聞かせて静かに胸の内にしまうことが大切です。

会うならどんな場所がよい?

もし連絡を取った後、久しぶりに会うことが決まった場合に「会う場所はどんな場所が良いのでしょうか?」

今まで違う人生を歩んでいたので、双方のパートナーが傷つかない事を考えるのでれば「お互いの地元は避ける」方が良いでしょう。地元はたとえパートナーに解らない場所であっても知り合いに目撃されて、あらぬ噂を流されてしまう場合があります。

その上で、なるべく平日の昼間に明るい場所で会う事をおすすめします。万が一誰かに目撃されても何とか言い訳が出来る場所を選びましょう。
どうしても夜になってしまうのであれば、お酒を飲む場所は避けた方が無難です。

一番大切なのはお互いのパートナーに誤解を与えかねない場所を選ばない事です。

会うときの服装

元彼と会うときの服装はビジネスカジュアルな服装がお勧めです。こちらも誰かに目撃されたとしても「仕事の打ち合わせで」や「仕事の営業だったんだ」と言い訳が出来るようにです。

間違っても普段服や、キレイめなデート服などは着ないようにしてください。
さらに服装を含めた自分の雰囲気にも気をつけましょう。はたから見てあくまでビジネスな付き合いに見えるように気を遣う事が大切です。「服装はビジネスだけど、明らかに親しい関係だよね」と周りに思われないように注意する必要があります。

元彼と会った後の別れ方

決意をして元彼と会った後、その「別れ方」がとても重要です。

元彼と会ってみてどうだったでしょうか?近状などが解り、以前とは違った一面が見られてお互いに楽しい時間が過ごせた方も多いのかもしれません。

そろそろお別れの時間かな。と思った時はどんな別れ方をするのが良いのでしょうか。それは「きちんと大人の別れの挨拶をする」という事です。

自分は一度限定で彼に会いに来た」と言うことを忘れてはいけません。
あなたには傷つけてはいけない人がいます。守らなきゃいけない気持ちもあります。

大人として相手の幸せを願って、笑顔で別れる事です

どんな事があってもそれだけは忘れないようにしましょう。

「結婚して既婚者になったあとに元彼に会いたい気持ちは変じゃない

ここまで「結婚後に元彼に会いたい気持ちに」ついていろいろ紹介してきましたが、実はこの気持ち、珍しい事ではなく多くの人が感じる気持ちのようです。

「結婚」というのは「家族になる」と言うことです。24時間一緒にいる事も珍しくありません。そうすると今まで恋愛対象だった夫がそう見えなくなってしまう事もしばしば起こりえます。

女性はいつでも恋愛をしていたい気持ちが心の奥底にあるので、昔の記憶をたどり「元彼と一緒に居た時は刺激もあったし、恋愛していたな。もう一度あんな気持ちになりたいな」と思ってしまう事があるようです。

さらに思い出を美化して記憶してしまう傾向があるのでますます「元彼に会いたい」という思いが強まってしまうのです。

でもやはり「会いたいと言う気持ちを持つ」のと「実際に会う」のとでは雲泥の差です。

よく言われる「一時の気の迷い」は多くの人にありますが、「一時の気の迷い」に期間の長い短い関係ありません。 あなたが気がつくまでが「一時の気の迷い」です。

もし感情に身を任して行動してしまった場合は「旦那さんと築き上げてきたものを一瞬で失ってしまう可能性」もあります。
失って初めて「大切だったんだ」と思っても手遅れになってしまいます。

そんな事にならないように、しっかりと自分の幸せを守っていって欲しいなと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました